キトサンファイル
キチンキトサン情報
  Chitin Chitosan line.gif
folder1.png 基本情報
folder2.png はじめに
folder2.png キチン・キトサンとは
folder2.png キチンとキトサンの違い
folder2.png キチン・キトサンの歴史
folder2.png キチン・キトサンの特性と応用分野
folder2.png キチン・キトサンの健康食品としての作用
folder2.png キトサンの分類
研究報告・臨床例
選別方法

 

キチン・キトサンとは            

キチンはN-アセチル-D-グルコサミンがβ(1-4)結合した直鎖型の多糖類です。キチン質は、カニやエビの甲殻や昆虫の外皮、イカ・貝などの軟体動物の器官、キノコなど菌類の細胞壁など、地球上に広く分布している生体高分子(多糖類)です。また、土の中の糸状菌の菌体の中にもキチン質が多く含まれています。それらを合わせると地球上に1千億トン存在すると推定されています。現在、一般的に利用されているキチン質は、カニ殻から作られています。カニ殻から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて精製したものがキチンです。さらにキチンからアセチル基を外して、抽出精製したものがキトサンです。カニ殻を化学処理でキチンを取り出しキトサン化するのですが、その際どうしてもキチンが残り、キチンとキトサンが混じった状態になります。そのためキチン・キトサンとふたつの物質名を重ねて呼んでいます。

戻る次へ
 Copyright(c) HumanBalance. All rights reserved. キトサンファイルに掲載された文章を許可なく転載することを禁じます。   プライバシーポリシー