キトサンファイル
キチンキトサン情報
  Chitin Chitosan line.gif
基本情報
folder1.png 研究報告・臨床例
folder2.png folder3.gif はじめに
folder2.png folder3.gif

人工皮膚

folder2.png

重金属および放射性物質の吸着除去

folder2.png folder3.gif

肝機能改善と肝臓病

folder2.png folder3.gif

ガン

folder2.png folder3.gif

血圧

folder2.png folder3.gif

コレステロール・中性脂肪

folder2.png folder3.gif

免疫

folder2.png folder3.gif

ダイオキシン

folder2.png folder3.gif

老廃物の吸着除去(腎臓病)

folder2.png folder3.gif

歯根膜の増殖・分化

folder2.png folder3.gif

神経再生

選別方法

 

重金属および放射性物質の吸着除去と
キチン・キトサン

放射線医学総合研究所環境衛生研究部の研究グループ
キトサンを飼料に10%添加して飼育したラットでは、ストロンチウムの経口投与1日後に90%以上が糞便中に排泄されることが証明されました。また、同研究グループは、キトサンを添加した飼料でラットを一定期間飼育した後、放射性物質であるストロンチウムを投与すると、顕著な体内残留の低下があったと報告しています。これらのことから低分子キトサンは放射性ストロンチウムの排泄促進剤、防護剤として有効であることを動物実験により明らかになりました。

医学博士松永亮先生の委託によりウクライナの国立病院、ジトミール精神病センターでの臨床試験
チェルノブイリの原発事故による甲状腺がん患者などを対象に同センターのセムスコフ所長が自らキチン・キトサンを使った臨床例によると、キチン・キトサンには放射性物質のセシウム137を体内から排出する効果があったという報告があります。

千葉工業大学山口教授
金属の濃度を100ppm(100万分の1率)にして化学処理したキトサンを使った実験で、キトサンはマグネシウム、カルシウムなどは吸着せず、銅、亜鉛、カドミウム、水銀、ウラニウムなどはよく吸着することを確認しました。

戻る次へ

 Copyright(c) HumanBalance. All rights reserved. キトサンファイルに掲載された文章を許可なく転載することを禁じます。   プライバシーポリシー