キトサンファイル
キチンキトサン情報
  Chitin Chitosan line.gif
基本情報
folder1.png 研究報告・臨床例
folder2.png folder3.gif はじめに
folder2.png folder3.gif

人工皮膚

folder2.png folder3.gif

重金属および放射性物質の吸着除去

folder2.png folder3.gif

肝機能改善と肝臓病

folder2.png

ガン

folder2.png folder3.gif

血圧

folder2.png folder3.gif

コレステロール・中性脂肪

folder2.png folder3.gif

免疫

folder2.png folder3.gif

ダイオキシン

folder2.png folder3.gif

老廃物の吸着除去(腎臓病)

folder2.png folder3.gif

歯根膜の増殖・分化

folder2.png folder3.gif

神経再生

選別方法

 

ガン(癌)とキチン・キトサン            

東北薬科大学の鈴木茂生教授の研究グループ
キチン・キトサン抽出物がガン細胞の転移抑制など強い抗ガン効果を持つことを確認したと発表しました。つまり、マウスの皮下にガン細胞を移植後、キチン・キトサン抽出物を静脈投与したところ、3週間後非投与群に比べ明らかに肺転移が阻止され、同時に脾臓のリンパ球T細胞が活性化する事も確認されています。その他、各種の固形ガンのテストでも、マウス体重1堙たり0.01mgという微量投与でも有効である事が判明しています。

鳥取大学の平野教授の研究グループ
ガンを発生させたマウスにキトサンを投与したところ、急激に腫瘍が縮小する事実を確認しました。

北海道大学免疫研究所東市朗所長の研究グループ
実験によってキチンのガン転移阻止作用を確認すると同時に、免疫活性化作用を確認しました。

愛媛大学の医学部の奥田教授らのグループ
キトサンが、ガン毒素の一つであるトキソホルモンLの毒作用を抑制する事実を発見しました。

工学博士景世兵先生の研究
ガンを発生させたネズミを用いて実験を行ない、その結果、キトサンのガン抑制率は90%以上であることを確認、さらにキトサンを経口摂取することで、体内に蓄積した各種の発ガン成分を吸着除去する作用を持つことを実証しました。

戻る次へ

 Copyright(c) HumanBalance. All rights reserved. キトサンファイルに掲載された文章を許可なく転載することを禁じます。   プライバシーポリシー